営業職を目指してみよう

2019年12月27日更新

株式会社らしくは、未経験だけど営業職に挑戦してみたい!という方の、転職支援を行っています。
(新卒の就活支援も同じく行っています)

さて、皆さまは「営業」という仕事にどのようなイメージをお持ちですか?

・ノルマがキツそう・・・
・飛び込み訪問やテレアポをしなければいけない
・強引に商品を売りつけることもあるのでは・・・?
・話し上手な人でないと向いていない・・・?

実はこれらは、らしくが学生や転職を考えている人と話していて、
営業職のイメージを聞いた際の回答に多かった意見・声です。

学生の方と話していても、「営業職はちょっと・・・(やりたくない)」という声をよくお伺いします。

でも、よくよく聞き深めてみると、「営業のリアルってよく知らない」という方、
「なんとなくイメージで自分には向いていないと思っていただけ」という方も少なくないんです。

何事もイメージで決めつけてしまうのは危険!
もしかしたら、営業の仕事こそ、自分らしさを最大限に発揮できる仕事かもしれません。

.

世の中には色んな営業職がある

一口に「営業職」と言っても、世の中には様々なスタイルの営業の仕事が存在します。

もちろん中には、上記のイメージのとおりで、
ノルマがキツかったり、飛び込み訪問やテレアポを数多く行わなければいけなかったり…
そんな営業職もあるかもしれません。

ですが、営業としての活躍のあり方は、実に多様で、業界・企業によって全く異なります。
例えば、既存の決まったお客さんとの関係構築する『ルートセールス』もあれば、
問い合わせのあったお客さまにご提案する『反響営業』もあるなど、スタイルも様々です。
(最近では外出のない『インサイドセールス』などもあります)

アプローチする相手が、法人のお客さんか、個人のお客さんかによって、また、
提案するのが形のある物なのか、形のないサービスやノウハウなのかによっても、
営業活動の内容は変わってきます。

.

「私には営業は無理…」と退けてしまう前に

上記のとおり、「営業」の活動の仕方、成果の出し方、役割の求められ方は、
業界・企業、扱う商品・商材やサービスによって、大きく異なります。

まずは「自分には営業は無理だろうな」と決めつけてしまうのではなく、
世の中にどんな営業の仕事があるのか、情報を仕入れ、確認してみてはいかがでしょうか。

そして同時に、自分の特性やキャリア志向を改めて考えてみて、
「実は営業職に向いているかも!?」と可能性を探ってみてもいいかもしれません。

.

まずはご相談ください! 一緒に考えましょう

株式会社らしく では、人を募集している企業についてご紹介するだけでなく、皆さんのキャリアに対するご相談、転職に関するアドバイス等を行っています。もし皆さんの中に、「未経験だけど営業職に興味がある」「自分の特性や強みを活かした営業の仕事を一緒に探してほしい」というご要望があれば、遠慮なく、株式会社らしく までご連絡ください!