リクルーター養成研修

2019年08月02日更新

リクルーター養成研修

採用活動において、先輩社員と応募学生の接点を設け、応募学生の入社意欲を高めようとする企業が増えています。本研修は、先輩社員に「リクルーター」としての役割と寄せられている期待を認識いただき、必要なマインドやスキルを得てもらうプログラムです。

具体的には、以下の3点を取り扱います。

①自分たちが考える「自社の魅力」や「仕事のやりがい」を見える化し、言語化する
②「自社の魅力」「仕事のやりたい」をどのようにプレゼンテーションするかを実践でトレーニングする
③学生への説明や質疑応答の仕方を、研修の中でシミュレーションし、準備する

研修を通じて、第三者である講師から、リクルーター社員となる受講者の皆さまについて、気づいた点をフィードバックをいたします。これにより、上記の3点に加えて、以下についても研修で鍛えます。

④「見られている」意識を養い、非言語的プレゼンテーション能力を高める

なお、副次的な効果として、自社の魅力や仕事のやりがいを話し合うことで、リクルーター社員自身の自社で働き続ける意欲やモチベーションの見直し・向上につながります(離職防止の効果も期待できます)

こんな企業さまにオススメです

・応募学生に対して、人事部とは異なる切り口で企業PRを実現したい
・リクルーター社員を選定したものの、トレーニングは実施していない
・リクルーター社員を巻き込んで、新卒採用活動を盛り上げたい
・若手・中堅社員の企業や仕事に対するモチベーション向上を実現したい

研修プログラム案

時間内容
1日間1.リクルーターの役割とリクルートの目的を認識する
【ワーク】リクルーターに求められている役割を考える
(1)リクルーターの役割と目的
   ・自社を代表する顔を持つ
    (学生は「この社員=この会社」と認識することを理解し行動する)
   ・ひとりでも多くの学生に
     ①自社を知ってもらい、②関心を持ってもらい、③応募してもらう
   ・面談した学生を見極め、人事に情報共有し、内定を出す判断を手伝う
【ワーク】学生はどんな先輩が働いている会社に魅力を抱くか、を考える
(2)学生にとって魅力的なリクルーターとは
   ~自社の魅力や自身のキャリアを、自信を持って語れる先輩社員
(3)リクルーターとしてNG要素は
   ~自社の魅力を語れない、自身に自信がない、
    仕事に対してネガティブな発言・姿勢がある、
    入社後に違和感を感じさせるような嘘は言わない、など
【ワーク】学生と接する前に確認する「NGリスト」を作成する

2.自社の魅力・自身のキャリアの魅力の棚卸する
【ワーク】自分の会社の説明、自分の担当する仕事の説明を考える
【ワーク】自分の会社の魅力、仕事のやりがいを洗い出す

3.プレゼンテーションスキルを鍛える
(1)プレゼンテーションの基本
  ①相手にとってわかりやすい説明
   ~主語述語の関係が明確、情報はシンプルに、専門用語は少なく
  【ワーク】つい使用してしまう専門用語を洗い出す
  ②言語外で伝わることのコントロール ~顔の表情、声の表情、姿勢
(2)学生が見ているのは、“魅せよう“としていない時の素顔
   ~プレゼンをしていない時に何を伝えるか
【ワーク】講師に向けて、会社、仕事について説明する
【ワーク】自社の魅力、仕事のやりがいをプレゼンテーションする
【ワーク】互いのプレゼンテーションを聞いて、評価し合う
※講師から「わかりやすかった点」「わかりにくかった点」をフィードバックします
 そのうえで、より良いプレゼンテーションを実現するためには
 どうしたらよいかを考える
(3)相手への説明(プレゼン)はリハーサルが命

4.質疑応答を通じて、学生を魅了する
【ワーク】自分が学生時代に社会人の先輩に訊きたかったことを洗い出す
【ワーク】洗い出した“訊きたかったこと”について、
     どのように回答するかを考え、実際に発表する
(1)コミュニケーションスキルを鍛える
(2)学生の話を聞く際のポイント ~傾聴スキル
   ①学生に話しやすさを感じさせる、②想いを受け止める
(3)学生に質問する際のポイント ~質問スキル
   ①学生が答えやすい質問を工夫する、②質問で社会人の余裕を魅せる
(4)学生の質問に答える際のポイント ~伝えるスキル
   ①基本は一問一答、②PRの隙を見逃さない、③話は端的に、わかりやすく
【ワーク】想定できる学生からの質問に対する理想的な回答の仕方を考える

5.まとめ
【ワーク】リクルーターとして学生に接する前に、しておくべきことを整理する
(1)自社の採用情報に目を通しておく
(2)講師からのフィードバック
   ~講師目線での貴社の特徴、PRポイント、課題のフィードバック