【ホテル向け】マネージャ―向け研修プロジェクト(計6回研修)

2019年10月24日更新

【ホテル向け】マネージャ―向け研修プロジェクト

ホテルの現場マネージャーを要請するための研修プログラムです。
まずは、マネージャ―に求められる役割と行動を、以下のように定義します。

マネージャ―は“なんとかする”のが役割です。
お客さまに快適なご滞在を楽しんでいただくために、“なんとかする”。
お客さまからのクレームにスタッフが困っていたら、それを“なんとかする”。
予約数が減ってきてしまったら、それについても“なんとかする”。

マネージャ―は、自身が担当するホテルの「現状」と「理想(あるべき姿)」を洗い出し、比較し、具体的にどうしたら「現状」を「理想」に近づけることができるかを徹底的に考えていただきます。

また、各研修に関して、以下のテーマを取り上げます。
・スタッフ管理 ・売上管理 ・リスク管理 ・問題解決

※マネージャー向け、としていますが、現場のリーダーの皆さまにもオススメの研修です。

【初回】マネージャ―としての役割を認識し、現状を分析する

時間内容
4時間1)求められる役割を整理する
2)担当するホテルの「現状」と「理想」を比較する
3)「現状」を分析する
   …集客・売上の推移、スタッフの定着率、口コミコメントを把握
3)「理想」を描く
   …目指すべき売上目標は? それを実現するためにすべきことは?
4)「現状」に対して“なんとかする”、そして「理想」に近づけるのがミッション

【2回目】マネージャーとして、スタッフを管理する

時間内容
4時間1)マネージャーとスタッフとでは期待される役割が全く異なる
   …「脱!現場スタッフ」を意識する(宣言し、周囲にも理解させる)
2)求められる役割は、方針を決め、仕組みを編み出し、指示を出し、人を動かすこと
3)“伝えにくいこと”をどう伝え、スタッフを動かすか
4)人の心理を理解する ~人は「論理」と「感情」で動く
5)スタッフやチームの些細な変化に気づき、必要な策を講じる
   …現場スタッフとの信頼関係の築き方を体得する

【3回目】マネージャーとして、売上を管理する

時間内容
4時間1)売上を管理するとは ~ビジネスの基本は、利益を出し続けること
2)ホテルの現場において、売上・利益を構成するものは
3)目指すは、より高い料金で、稼働率を100%に近づけること
4)安定的な収益はリピート顧客を増やすこと
5)コスト削減を意識する
   …“本来しなくていいことをしないこと”がコスト削減の基本
    クレーム対応、スタッフの育成・指導なども、広い意味ではコスト

【4回目】マネージャーとして、リスクを管理する・問題を解決する

時間内容
4時間 1)まずはマネージャー自身がリスクや問題に敏感に気づけるようになる
   …現場の「理想と違う現状」を日常的に、どれだけ見つけられるかが大事
2)リスク・問題に関する情報を収集する仕組みをつくる
   …①定期的なスタッフからのヒアリング、②口コミサイトの分析、
    ③現場オペレーションの確認と評価 など
3)大事なのは現実的かつ具体的な解決策と目標・ゴール(締切)を導き出すこと
4)実現可能な方法を探り、目標・ゴールに到達するためのアクションプランを立案する

【5~6回目】現場の「現状」と「理想」を比較するリアルミーティング

時間内容
4時間1)各ホテルの「現状」と「理想」の比較
2)「問題」の洗い出しと、その解決策」の洗い出し・検討・選定
3)具体的に、1週間・1か月・2か月・3か月で何をするかのアクションプラン策定

※5回目の話し合いは、講師がファシリテーターを務めますが、6回目以降はマネージャー同士でミーティングを開催し、進行していただきます。6回目は講師はオブザーバー(見学者)として参加し、必要に応じて、ミーティングの進め方、問題解決の仕方について指摘・アドバイスをします。

フロントスタッフ向けの研修もございます。