≪giraffe付き≫【若手社員向け】キャリア・ライフプラン研修

2020年02月13日更新

≪giraffe付き≫【若手社員向け】キャリア・ライフプラン研修

「業務がマンネリ化してしまい、自分のやっている仕事のやりがいや意義を見出せられない」」

「自分がどんなキャリアを築いていきたいかが不明瞭で、いまいちモチベーションが上がらない」

・・・これらは、入社して数年が経ち、仕事にも慣れある程度の経験を積んできた若手社員特有のお悩みです。

このようなお悩みを払拭するためには、一度普段の業務から離れ、以下について客観的に考えることが大切です。

・自分の仕事がどんなふうに社内外の役に立っているか
・自分がどれほど組織に必要とされているのか
・自分はどのようなキャラクターとして認識されているのか/されたいのか

自分と関わりの深い人だけではなく、他部署や年次の異なる先輩・後輩などの周囲の人からの指摘やフィードバックも踏ま、改めて自分自身や自分の仕事について考えることは、新たな気づきの創出につながります。

本研修は、部署や年次の異なる若手社員にお集まりいただき、それぞれが普段取り組んでいる仕事や他部署との関わり方について共有し合い、改めて、自分たちの仕事・組織や今後の自分自身のキャリアについての考え・想いを深めていただくプログラムです。

進行の工夫・本セミナーのPRポイント

本研修は、個人の考え方・行動特性、キャリア観やモチベーションの源を見える化するアセスメントツール”giraffe”を用いたプログラムです。ご自身の特性を改めて把握し他者に共有することで、コミュニケーションの活性化・より良い間関係の構築を図り、組織への帰属意識を醸成します。
giraffeについての詳細はこちら

研修プログラム案

時間内容
1日間

1.改めて他部署の仕事・人を知る
(1)社内の別部署・別部門の仕事を知る
【ワーク】部署・部門ごとに分かれ、互いに部署の紹介をし合う
(2)仕事の前後関係・組織の全体像を知る
(3)他部署について関心を持ち、情報を得る
【ワーク①】部署紹介を踏まえ、他部署との連携で困っていること・要望・期待を話し合う
【ワーク②】ワーク①で出た意見や考えを踏まえ、他部署または自部署に対して自分にできること・改善点を考える

2.改めて他部署の仕事・人を知る
(1)社内のメンバーを知る
(2)まずは自分自身を知る
【ワーク】giraffeの結果を用いて自己紹介をし合う
(3)自分の特性を認識する
(4)自分の特性を周囲の関係者にも伝える
【ワーク】giraffeの結果またはそれ以外でも、働くうえで周囲の人に知っておいてほしいことを共有する
(5)自分の特性は、成長・経験とともに変わりゆくもの
(6)自分の特性を、組織貢献と仕事の成功につなげる
【参考ワーク】互いの受検結果を鑑みて、部署・年次ごとによってgiraffeの傾向や特徴があるかどうかを確認する
(7)自身と異なるタイプ・特性の考え方・思考を知る
【ワーク】対人間関係において課題に感じていること、悩んでいることがあれば共有する

3.組織について考える
【ワーク】giraffeのアンケート結果を共有し合い、組織に対する満足要素・期待について考える
(1)先輩社員として組織の課題の改善に取り組む
(2)「これについて、どう思う?」を訊き合う機会を設ける

4.自分のこれから(キャリア)を考える
(1)「キャリア」とは
(2)戦略的にキャリアを考える
(3)まずは自分自身のことを理解することから
(4)ビジネスパーソンとしての経験・スキルの棚卸し
【ワーク①】今までに担当した仕事や印象的な出来事を振り返り、ビジネスパーソンとしてのキャリアを振り返る
【ワーク②】キャリアを振り返り、どんな時に何を考える傾向があるか、自身が重要視していることは何かを考える
【ワーク③】互いに洗い出した「これまでのキャリア」を見せ合い、気になる点があれば訊き合う
(5)未来の自分を想像する
(6)「今」「今から」しておいた方がよいことを考える
【ワーク】これまでのキャリア、これからのキャリアを考えたうえで、①プライベート・ライフイベントおよび
     ②仕事・ビジネスにおいて、「今」「今から」しておいた方がよいと思ったことを整理する
(7)今後の選択肢「深く」か「広く」か「高く」かを整理する
(8)自分のキャリアを支援してくれる味方を見つける
【ワーク】今後のキャリアを考えるうえで、①先輩に訊きたいこと、②後輩に伝えておきたいことがあれば、
     互いに訊き合い・伝え合い、共有する

5.斜めの関係性を築き、大切にする
(1)斜めの関係とは
(2)「斜めの関係」のメリット

6.まとめ
【参考】各世代のキャリアイメージ・例

【参考】相手への伝え方・プレゼンテーションのポイント