giraffe付き≫メンター研修プロジェクト(計3回)

2019年10月01日更新

giraffe付き≫メンター研修プロジェクト(計3回)

1年間に計3回にわたって「メンター」に関する研修を実施します。
メンターとして選任された皆さまに、安心してメンター活動に臨んでいただき、最終的には、メンター活動の中で得た気づきや学びを組織のナレッジにつなげていきます。

■1日目(初回):メンター研修(メンター活動前)

メンターとしての役割を認識したうえで、初回および2回目以降の面談(メンタリング)に必要な知識と、コミュニケーションスキル(メンタリングスキル)を学んでいただきます。最後にはケーススタディ・ロールプレイを通じて、メンタリングのトレーニングにも挑戦していただきます。

■2日目(2回目):メンターフォローアップ研修(メンター活動中)

すでにメンター活動を開始し、面談も経験済のメンターの皆さま向けの研修です。
前半はこれまでのメンター活動を振り返っていただき、活動を通して得たものを確認します。また、活動の中での課題や悩みをメンター同士で共有し、その解消方法・解決の仕方をロールプレイやケーススタディを通じて編み出していただきます。

後半は、giraffeを活用した面談の方法、メンティーへの理解を深めるコツを学んでいただく他、さらなるステップアップを目指すために必要な「コーチング」の考え方と、社内ネットワークを築く重要性を学んでいただきます。

■3日目(3回目):メンター振り返り研修(メンター活動終了時)

メンター活動が終わる際に、メンターが求めているのは組織からの労いです。そこで、本研修では、まずは講師からメンターの皆さまへの労いを伝えます。

次にメンターの皆さまに活動を振り返っていただき、自身が得た経験やナレッジ・気づきを再確認していただきます。それらを可視化することで、次年度、メンターを担当する「後輩」のための『引き継ぎ書・心得虎の巻』を作成します。

メンターをやり遂げた達成感と、自身の経験やナレッジを組織に還元することの意義を体感いただく研修です。

こんな企業さまにオススメです

・「とりあえずメンター制度はある」が、有効に活用できていない
・メンターの人間力とコミュニケーション力だけで制度が成り立っている
 →それらに頼っているため、俗人化していることが課題になっている
・毎年、メンターに選定された先輩社員が新人の指導やケアについて、
 一人で抱えこみがち・悩みがち、という課題を持っている
・メンターとして活動することで、先輩社員にも成長を促したい
 (将来マネジメントをする際のヒント、疑似体験を得させたい)

このセミナーのPRポイント

本研修は、株式会社らしく の提供するアセスメントgiraffe[ジラフ]の結果を用います。
1回目のメンター研修では、メンターとなる先輩社員に、自分自身の特性(個性やキャラクター、考え方や思考のクセ)を理解していただくためにgiraffeの結果を活用し、メンターとして活動するうえで、どうメンティーに向き合うかを考えていただくきっかけとします。
2回目のメンターフォローアップ研修では、メンティーにgiraffeを受検いただき、メンターの皆さまにはその結果を活用して、より深い面談の実施を目指していただきます。
giraffe[ジラフ]についての詳細はこちら

※ちなみに初回でメンティーのgiraffeの結果をメンターにお伝えしないのは、メンティー本人に会う前に、メンターがメンティについて「きっとこういう性格の持ち主だろう」と固定観念を抱くリスクを回避するためです

■1日目(初回):メンター活動前
 メンター研修 ~メンターとしての役割を認識し、初回の面談に備える編

1回目の研修です。メンターとして活動いただく前に受検いただくことをオススメします。

時間内容
1日間1.はじめに
【ワーク】メンターになるにあたり、不安に思っていることなどを考える

2.メンターとは
【ワーク】メンターとして①組織・②メンティーに求められている役割を考える
(1)メンターとは
   ~OJTや上司とは異なる立場で新人・若手の成長・育成の支援をする立場
(2)メンターの具体的な役割・存在意義とは
   ~新人・若手の①「伴走者」 ②「話の聞き手役」 ③「相談相手かつ良き理解者」
(3)メンターに必要なスキルとマインド
(4)メンターの心構え ~メンティーに関する責任を自分で抱え込む必要はない
【参考】メンター活動を通じて、メンター自らが得られるもの
(5)自社のメンター活動を知る
 【ミニワーク】面談のルール、頻度、回数、方法、面談後の事務局との連携などを確認

3.初回の面談に備える
(1)初回の面談は事前の準備が大事
(2)スムーズなメンタリングのスタートは自己開示
(3)メンティーが「この先輩には話がしやすそうだ」と感じる自己紹介を実践する
【ワーク①】自分自身の棚卸 1.社歴・仕事歴を整理する
【ワーク②】自分自身の棚卸 2.性格・特性を再確認する(giraffeを活用)
 ※参考:giraffeの見方、giraffeの結果の活用方法について講師より説明
【ワーク③】ペアになって、自己紹介をロールプレイで確認し合う

4.各回の面談で目指すもの
(1)面談のイメージは「この1か月の振り返り」
(2)振り返りの中で確認するとよい項目
   ①モチベーション ②職場の人間関係 ③仕事内容 ④キャリア観 ⑤プライベート
【参考】「話すこと」の効用
    ~面談の場では相談にのるだけでなく、つい日常の中で忘れてしまいがちな、
     働き甲斐や仕事で嬉しかったことをメンティー自身に再確認させることも大事

5.面談時に必要なコミュニケーション
(1)コミュニケーションにおける姿勢
(2)メンティーが話しやすいように「訊く」スキル = 「質問力」のポイント
(3)メンティーが話しやすいように「聴く」スキル = 「傾聴力」のポイント
(4)メンティーの話への切り替えしとフィードバック = 褒める・労う・指摘する
【参考ワーク】反応力を鍛える ~咄嗟の表情・咄嗟の一言をトレーニングする

6.実践ケーススタディ ~こんな時どうする?
※メンティー役にそれぞれの設定をお渡しします。メンターはコミュニケーションを駆使して、
 メンティーの置かれた状況や心情を訊き出し、どう対応するかを考えていただきます。
 ・ケース① Aさんは仕事でミスが続いており、職場にも居場所がないと感じている
       (Aさんは部署異動や休職を考えている)
 ・ケース② 真面目なBさんは「なんとかなるよ」が口癖の先輩の指示に不安を覚えている
       (Bさんは、そんな先輩にどう接したらよいのかが分からず悩んでいる)
 ・ケース③ 謙虚なCさんは上司から褒められたが、「先輩のおかげで…」と謙遜している
       (Cさんは実は褒められたく、また詳細を聞きだしたうえで認められたい)
(1)メンティーへの対応に「正解」はない ~長期的に多面的に向き合っていくことが大事
(2)問題発覚時の対応手順
   ~①緊急性を確認する ②まずは本人に解決を促す ③随時相談にのる姿勢を見せる
(3)第三者に情報を共有する際は、必ず本人の合意を得ておく

7.まとめ: メンター活動を通じて、メンティーとともにメンターも成長する!

■2日目:メンター活動中
 メンターフォロアップ研修 ~より充実したメンタリングのコツを学ぶ編

2月回目の研修です。メンターとして活動し、何度かの面談を経験したうえでご参加いただく内容です。

時間内容
事前課題メンターの皆さまに事前にアンケートを取らせていただきます。
【設問①】メンター活動開始から今日までを振り返り、
うまくいっている点、工夫している点を教えてください。
【設問②】ここまでのメンター活動の中で、困っている点、悩んでいる点を教えてください。
【設問③】メンティーからの相談や話で、対応に困った・困っている事例を教えてください
     (もしあればで結構です)
事前受検メンティーの皆さまに、giraffeのアセスメントを受検いただきます。
7時間1.ここまでのメンター活動を振り返る ~事前課題の共有
【ワーク】ここまでのメンター活動を振り返り、工夫点や課題を振り返る
(1)改めて、メンターとは(復習)
(2)メンター活動を経験することで得られるもの
   ①新人・若手の指導・育成経験 ②コミュニケーションスキルと関係性構築スキル
   ③問題解決スキル
(3)メンターとしてのNGを再確認する
   ①メンティーに関心を示さない ②メンターが自分の愚痴や不満をメンティーに伝える
   ③メンター制度に対する疑問をメンティーにぶつける
   …いずれもメンティーが悩んでいない・問題を抱えていない時に起こりがちです

2.リアルなケーススタディで考える
【ケーススタディ】事前課題の設問③の内容を踏まえたケーススタディを作成します。
   そのケースについて、全員で「自分ならどう対応するか」考えていただきます。
   (本人の許可を得たうえで、ケースを提示したメンターに、メンティー役になっていただき、
    ロールプレイを行います)
(1)現状打破の近道は「理想像」を確認すること
(2)改善策を編み出し、実践する
(3)PDCAを回し、改善を繰り返す(KPT法を活用する)

3.メンティーのgiraffe結果を活用する
(1)メンティをより深く理解する
(2)giraffeの考え方 ~優劣を決めるものではなく、人は皆多様であることを確認するもの
(3)giraffeの仕組み ~同一社員であれば、複数回受検が可能
(4)メンティーのgiraffe結果を面談に活用する
   ①本人に自分の強み・弱み(課題)を話させる
   ②メンターとして気になった項目を選び、メンティーの考えを訊く
   ③「会社への満足要素」を示すアンケート部分に注目する
   ④複数回、受検している場合は、結果の変化に目を向ける
(5)訊きにくいことを、giraffeを通じて訊く
(6)指摘しにくいことを、giraffeを介して指摘する
【ケーススタディ】giraffeの結果を基に、メンター・メンティ役に分かれて、面談の練習をする
【ワーク】メンター同士(受講者同士)で面談の実践練習をする

4.メンターとしてのステップアップ① 「コーチングスキル」を身につける
(1)コーチングとは
(2)最終的に「どうするか」を決めるのは本人
(3)コーチングに必要な「話させるスキル」 ~傾聴力
(4)コーチングに必要な「引き出すスキル」 ~質問力
(5)コーチングに必要な「承認のスキル」「評価のスキル」
(6)相手の話を引き出しやすい環境づくり
(7)適切な目標を本人に決めさせる
(8)目標達成のための具体的な行動を考えさせる
【参考】「質問力」を活用して、雑談を盛り上げる

5.メンターとしてのステップアップ② 社内ネットワークを築き、活用する
(1)メンティーの成長・課題解決に必要な存在は「誰か」を把握する
(2)「人を紹介する」ということ
(3)紹介できるようになるために、自身がまずはネットワークを築くこと
(4)「斜めの関係」と、そのメリット

6.まとめ ~今後の面談に備える

■3日目:メンター活動終了後
 メンター振り返り研修 ~メンターの経験と気づきを組織のナレッジにつなげる編

3回目(最後)の研修です。メンターとしての活動が終わった直後の実施がオススメです。

時間内容
3時間1.「メンター活動、お疲れ様でした!」 ※講師からメンター活動を労います。
【ワーク①】メンターとして、大変だったこと・辛かったことを振り返る
【ワーク②】メンターとして、経験できてよかったこと・嬉しかったことを振り返る

2.「メンターとは」
【ワーク③】改めて、「メンター」とはどんな存在であるべきかを自分たちの言葉で定義する
【ワーク④】自社のメンター制度・メンター活動の特徴と課題を整理する

3.「次期メンター」のメンターになる
(1)経験やナレッジは記録し、可視化し、引き継ぐもの
(2)組織としてのメンター制度をブラッシュアップしていく
(3)「次期メンター」のメンターになる
【ワーク⑤】①で洗い出した、大変だったこと・辛かったことの乗り越え方法を可視化する
【ワーク⑥】④で洗い出した課題について、改善案や対策案を考える
【ワーク⑦】次期メンターに伝えたいことを言語化する

4.総合ワーク
【ワーク⑧】①~⑦について、『引き継ぎ書・心得虎の巻』シートを作成いただきます

5.まとめ
(1)メンターで得た経験・スキルを自分の仕事に活かす
(2)自身のキャリアの中で、メンターを探し、また自分も誰かのメンターになる

参加者の声(アンケートより)

メンターについてどう相談に乗ったらいいのか、関係を築いていけばいいのか不安でしたが、研修を通してコミュニケーションの取り方など学べたので使っていきたいと思います

メンターをするにあたり具体的にどうすれば良いかイメージが湧いていなかったのですが、どういった行動をとれば良いのかを明確に提示してくださったので分かりやすかったです

研修を受けてメンティとの面談に向けた事前の準備が必要であり、大変そうだと感じた。しかし同時にメンティとの面談が楽しみになった