コンサルタント紹介(西澤大輔)

2019年11月05日更新

西澤大輔 Nishizawa Daisuke

「企業と求職者の“良い”の定義を明確にしていきたい」

本ページをご覧いただき、ありがとうございます。
株式会社らしくの西澤と申します。

採用市場の中で、企業は「“良い”人材を採用したい」と話し、求職者は「“良い”企業で働きたい」と常々考えていると思います。 しかし、企業や求職者各々によって、“良い”の定義は異なります。

「新規事業をやったことがある人」が、その企業にとっての「“良い”人材」の場合があれば、 「残業時間が少ない企業」が「“良い”企業」と考える求職者もいるでしょう。

お互いに“良い”という定義は持っているのにも拘わらず、内在的に持っているだけで「言語化」できていない傾向があるようです。

企業が自社の魅力、セールスポイントを「言語化」できていなければ求職者に伝わらず、逆に求職者が企業に何を求めていて、どういう要素があれば「“良い”企業」なのかを「言語化」出来ていないことで、ミスマッチ、早期離職が起こっていることは双方に対して全く利益になりません。

人材紹介事業を行う上で、私としては、企業にとっての「“良い”人材」、求職者にとっての「“良い”企業」の定義を「言語化」「見える化」していき、「双方にとってミスマッチが全く起きない人材紹介」を目指していきたい、そう考えています。

考えていることを「言語化」することは一見簡単そうで、とても難しいです。しかし、文字に起こさなければ、自分以外の人に考えていることは伝わりません。当社が人材紹介事業を行うことで、採用や求職を「何となく」ではなく、「このような“良い”人を採用したかった」「この“良い”会社に入りたかった」というお言葉を、企業と求職者からいただけるように尽力いたします。

略歴

埼玉大学教養学部教養学科 卒業

■株式会社スプリックス入社
 新卒採用1期生として入社。生徒・保護者対応、授業、生徒数・退塾数管理を経験。
 (この頃は『成果』を出すことの大切さが理解できず、「生徒や保護者のため」というマインドが先行し、
 自分のやり方を突き通すことしか考えていませんでした...)

■株式会社インソース入社 営業部配属
 東京都内の民間企業を中心に、新規先、既存先へ企業内研修やコンサルティングサービスを提供。
 (研修をお客さま向けにカスタマイズすることが大好きで、新作コンテンツを作成したりしていました。
  最初の3年間は成果が出ず腐ることも多かったのですが、地道に営業活動をやりつづけることで、
  成果を出すことができました)
 その後、人事部へ異動。新卒採用、中途採用の責任者として従事。
 書類選考や面接、人材紹介会社との折衝等全般を担当。

■株式会社らしく設立・出向(今に至る)
 株式会社らしくの設立に伴い、インソースより出向。
 インソースの中途採用業務を継続しながら、企業への採用コンサルティングにも従事しています。
 求職者との面談や人材紹介会社との折衝だけでなく、企業への訪問も行っています。

パーソナリティ

■趣味
 ・日帰り温泉にいくこと(岩盤浴好き)
 ・旅行先でポストカードを買って家の壁に貼ること
 ・スポーツ観戦(サッカーとラグビーは好き)

 

■学生時代やっていたサークルや部活
 中学時代:サッカー部(走るのが嫌いで、ポジションはゴールキーパー)
 高校時代:ハンドボール部(走るのが嫌いで、ポジションはゴールキーパー)
 大学時代:ハンドボールサークル(自分で設立)・英会話サークル・留学生交流サークル

■「これは1時間やり続けられる!」ということ
 ・スーパーマーケットに配列された商品を見ること
 ・賃貸物件をスマートフォンや雑誌で見ること
 ・走っている電車を子供と一緒に見ること
 ・温泉の素をいれた自宅の風呂で読書すること

■よく言われること
 ・体は大きいけれど、心は繊細
 ・仕事が細かく、丁寧

~求職者の方へ~

採用市場に身を置いて数年経ちますが、転職というのは人生の転機であると常々思っています。
私も転職経験者ですが、転職する時はとても悩みました。

当時、環境を変えることの怖さと楽しみが入り交じっていて、
「もう少し現職に残っていた方が良いのではないか」「今環境を変えるべきなのか」と考え続けました。

そして「今ある環境を変えずに5年後、10年後楽しく働けるか」という基準を据えて考え、
転職し、今に至ります。あの時は友人や家族に相談はしましたが、
何より当時お世話になっていた人材紹介会社エージェントとやり取りをしたことで、
最終的に転職先を決めることが出来ました。

思い返すと、そのエージェントが
「転職ありきで話をしない」「客観的に自分を見て、長所や短所を率直に伝えてくれる」
方だったので、必要な時に自分で決断が出来たと思います。

経験をふまえ、私自身は最初から「転職ありき」で話を進めることは望みません。

「転職して今の状況から何を変えたいのか?」「自分がどういう志向の人間なのか?」
ということから一緒に話をしていきたいです。

そして、時には率直に
「職務経歴書のこの部分の書き方は変えた方が良いです!」
「その内容ですと、面接官に誤解を生むかも知れません。
 このように伝えた方が良いと思うのですが、如何ですか?」
とお伝えさせていただくかもしれません。

腹を割って、私からも、求職者様からも、遠慮せずに話をしていければ、と考えています。

元々研修会社の営業職を経て、現在現役採用担当として身を置いているので、
多種多様な業界、また何百、何千といった求職者と接してきています。
業界のこと、転職市場のこと、そして「受かりやすい書類の書き方/面接の仕方」については
私からお話出来ることも多いと思います。

ぜひ気軽にお話しさせてください。

More about me

担当者として採用活動を、そしてコンサルタントとして人材紹介を行っている中で感じたことや気づきを不定期で発信しています。お気軽にフォローください!